ピクノジェノールの副作用

ピクノジェノールは、スイスの医療品メーカーのフォーファーリサーチ社によってピクノジェノールと名付けられ登録商標を得たものです。

アメリカでは抗酸化作用、ADHD、血栓症、脳卒中、心臓病に対する効果の用途特許、日本では月経困難症や子宮内膜症の治療効果特許を得ています。

したがってフォーファーリサーチ社以外で製造された成分をピクノジェノールと呼ぶことはできないのですが、そのような名前の製品も出回っているようです。別名ではフラバンジェノールなどとも呼ばれているようです。

万能ともいえるピクノジェノール、是非利用してみたいものですが、そこで気になるのがやはり副作用などなのではと思います。

ピクノジェノールの安全性に関しては、急性毒性試験、生殖毒性試験、感作性試験、眼粘膜刺激性試験、皮膚一時刺激性試験、ヒトパッチ試験などの各試験によって安全性が立証されているそうです。

2003年にアメリカで、食品としての安全性を証明する認定も受けています。

ピクノジェノールには薬剤の様な副作用はありませんが、胃の弱い人などには胃もたれ、胃痛を起こす原因になる可能性もあるそうです。

この様な場合は、食事中、食後すぐなどに摂取してもらえばほとんど問題はないそうです。

ごく稀なケースとしては、松アレルギーの人が摂取した場合発疹が出る可能性もありますが、ピクノジェノールはアメリカ食品医薬品局の低アレルギー誘発性製品に認定されたアレルギー対策商品であるそうです。

ピクノジェノールはアメリカ、フランス、日本の他にも、イギリス、ドイツ、イタリアなどの研究者によっても安全性が確認されているそうです。

胃もたれや発疹などは、ピクノジェノールに限らずどのような健康食品にも認められる作用でもあるそうです。

個人差もありますが、血液をサラサラにし血流促進効果のあるピクノジェノールですので、怪我をしている場合などには血が止まりにくくなる傾向もあるとされています。

過剰摂取は避けた方がよさそうです。また妊娠中、授乳中の摂取にも気をつけた方がよいそうです。

ピクノジェノールは万能の成分ともいわれますが、やはり摂取の仕方には注意も必要になってきそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13844894